食べる順番ダイエット

食べる順番だけでダイエット

今話題の食事の順番を変えるだけで痩せることが出来る食べる順番ダイエット

聞いたことがある人は多いのではないでしょうか。
このダイエットは食べる順番を変えるだけで、脂肪が付きにくくなり痩せるというものです。
この方法でびびる大木さんやレッド吉田さんなどの多くの芸能人や有名なスポーツ選手も実践し成功しています。

 

この方法はフィットネストレーナーの石川英明さんが考え出したものです。
石川英明さんはしっかり食べて痩せるをモットーにしている人です。
しっかり食べるので、健康に痩せることが出来ます。

 

 

食べる順番ダイエットの基本は文字通り食べる順番が大切です。
そして1品1品完食してから次のものを食べます。
お腹の中でミルフィーユのように重ねていくイメージだそうです。

 

1、食物繊維を食べる
はじめに食物繊維を食べることでその後に食べる脂質や糖質の吸収を抑えることが出来きます。
なので、はじめに全ての食物繊維を完食しましょう。
例:野菜・フルーツ・キノコ類など

 

2、発酵食品や汁物を食べる
次に発酵食品を完食します。
納豆などがそうです。
納豆を食べる時にも注意が必要で、ご飯にかけて食べたり卵を混ぜて食べたりしてはいけません。
あくまで納豆だけを食べます。
汁物は具材だけ先に食べてから飲み干して下さい。
食事の途中で喉を通りにくくなったら水やお茶を飲んで下さい。
例:納豆・キムチ・味噌など

 

3、たんぱく質を食べる
次にたんぱく質を完食します。
ここで一緒にご飯を食べたくなると思いますが、そこは我慢してください。
ここで食べたら意味がなくなってしまいます。
例:お肉・お魚など

 

4、炭水化物を食べる
最後にたんぱく質です。
炭水化物に含まれる糖質は1番早く吸収されるため、後から食べる脂質が吸収されずらく体内に残ってしまうのです。
そうなると太りやすくなってしまいます。
なので、炭水化物は最後に食べましょう。
例:ご飯・パン・麺類など

 

これが食べる順番です。
この順番をしっかり守りましょう。
そうすれば面倒なカロリー計算などしなくてOKです。

 

 

食べる順番ダイエットにもやはり食べない方が良い食べ物もあります。
それは、栄養素がいくつか一緒になっているものです。
栄養素がいくつか一緒になっているというのは、代表はカレーライスです。
カレーライスは炭水化物の上に小麦粉や油などで出来たルーをのせルーの中にはお肉や野菜など様々な栄養素が入っています。
まさに栄養素だらけです。
これは食べる順番なんてどうしようもないです。
なので、出来るだけ食べないようにしましょう。
しかし、どうしても食べたい時にはある方法があります。
それはまた下の方で紹介します。
そして他はチャーハンやピラフなど炭水化物を油で炒めているものもです。
このような栄養素がいくつも一緒になっているものは控えましょう。
しかし、丼ものは食べ方によっては大丈夫です。
食べ方は、丼ものの上だけ先に食べ後でご飯だけ食べる方法です。

 

 

食べる順番ダイエットは続けていくと体重の減りが停滞してきたら、ドカ食いをしましょう。
せっかく頑張ってきたのにいいの?と思うかもしれませんが、このドカ食いが食べる順番ダイエットの鍵です。
停滞してきた時に好きなものを好きなだけ食べましょう。
そうすることで、体が刺激を受けてまた減りだします
この停滞した時のドカ食いをすることでまた体重が減りだし、さらにストレスも解消されまた頑張ることが出来ます。

 

 

石川英明さんの書いている食べる順番ダイエットの本はこの3冊です。
参考にしてみて下さい。

 

食べ順爆発ダイエット (美人開花シリーズ) [単行本(ソフトカバー)]

 

食べ爆スーパーダイエット 30日で絶対ヤセる!(美人開花シリーズ)

 

食べ順爆発ダイエット120%成功術(Makino mook*マキノ出版ムック)